目標を持っていたとしても

人生ってあまり周囲からの期待値を上げない方が穏便に生活していけるような気がします。

 

なぜかというと周囲からの期待値が上がってしまうとこのくらいのレベルに達するのは当然というような目で見られるのでもしそのレベルに達することができなければがっかりされてショックを受けてしまうことも珍しくはないからです。

 

例えば、自分は東大に行くとか公言していたのにそれほど偏差値の高くない私立の大学にしか合格できなかった場合にはガッカリされるだけでなくかなりバッシングも食らってしまうことになりますからそうなると二重にショックを受けることになってきます。

 

いわゆるビッグマウスというやつですがこのビックマウスという風に見られるようになってしまうと人間関係の中で舐められてしまうことにもなりがちですからそうなってくると精神的に嫌な思いをすることも多くなってしまうんですよね。

 

なので、もし大きな目標を持っていたとしてもあまり周囲の人には公言しない方が良いと思ってしまうわけです。

 

有言実行というのはカッコいいのですがもし結果が出なかった場合にはバッシングの対象になり易くなってしまいますから目標は公言せずに結果を出してから言いたいことは言った方が良いような気がします。

 

もちろん、自分は周囲の目がないとだらけてしまうという人の場合には予め公言したほうが良いのかもしれませんが色々なことを言われると精神的に弱ってしまいやすいという人は不言実行を基本理念にしていった方が良いのではないかと思うわけです。

 

更新日:2019.11/02